新しい習慣に

花粉のコップが溢れる前に、定期的に鼻を洗う新習慣。
StandardBrushでは6時間ごとに鼻孔を洗うことを推奨しています。
これは遅発相反応を先回りしようという考えなのです。
極論を言えば、一日中鼻腔を洗い続けていれば花粉症も遅発相反応も起こり得ないのです。

鼻の粘膜を洗う!?

鼻の粘膜部分を洗うことに懐疑的な人も当然居ると思います。
しかし、こう考えてみてください。
花粉症のレーザー治療は鼻の粘膜を焼いて変性させて反応を弱めます。
悪く言えば、強制的に皮膚を「火傷」させている治療法です。
歯磨きは歯茎(粘膜)をタワシのような固いブラシで洗います。
鼻うがいは、鼻のウラ側(鼻甲介)まで液体を流し入れます。
StandardBrushは肌心地を極限まで追求しています。
優しく、且つ、パワフルに微細な異物を洗い落とします。

鼻甲介を洗う必要がない!?

多くの人が実証的に経験され、コメントを下さっています。
もはや、私たちが語るまでもありません。
ただし、「正しい洗い方」本質を理解する必要はあります。
てきとうに洗っても意味がありません。   
お客様の声 (standard2021.base.shop) 

ご購入先はこちら。→公式STORE